研修の実施費用

集合研修をコストを掛けずに行うなら社内のスペースを利用しよう

人材育成研修は、将来の会社を担う社員を育て上げるために欠かせないイベントとなっており、膨大なコストが掛かることも少なくありません。そうした中、少しでも人材育成研修のコストを節約するには、人事担当者や各部署の責任者などが協力をして研修のテーマやカリキュラムを考案することが重要となります。また、多くの新入社員や中堅社員に対して集合研修を実施する場合には、社内の会議室などのスペースを活用することで、会場設営のコストを省くことが可能となります。なお、集合研修のコストカットを図るにあたり、早いうちから社内で教育担当者を決めて研修に向けた指導を行ったり、日頃の業務の中で最低限の知識や技術を教え込んだりすることがポイントです。

パソコンの教材を使った研修は大幅なコストカットを期待できる

パソコンのビジネス向けの教材を使った研修は、必ずしも集合研修を行わなくてよく、外回りの仕事が多い社員も、休憩時間や業務の合間を縫って自主的に勉強しやすいといった魅力があります。最近では、営業職だけでなく、経理職や事務職などに対応した教材も登場しており、特に大人数の社員がいる会社では、人材育成研修のコストを大幅に節約することが可能です。また、費用を考慮しながら、事業活動や個々のスタッフのスキルに合ったパソコンの教材を導入するうえで、評判の良い人材紹介会社などが開発した教材のメリットとデメリットを良く調べることが重要です。その他、試しに人事の担当者がいくつかの人気の教材を利用して、費用対効果の高いものを購入することがおすすめです。

接客マナーの研修は、販売や接客などの場面で顧客に良い印象を持ってもらうだけでなく、自分自身のスキルアップに繋がるチャンスとして活用できます。