エンゲージメントが向上する

人材育成が重要なわけ

人材育成は企業の経営戦略に沿った社員を育てることにあります。そのためには、社員自身の仕事に対するモチベーションを向上させていかなけれなりません。取り巻く環境が変化したり、逆境に追い込まれたりした際に新しいアイデアやリーダーシップを発揮する必要があるのです。OJTといわれる日常の仕事の中で成長させるだけでは能力は飛躍的に向上しません。職場を離れて集中的に学習する機会を与えることも重要なのです。人材育成は企業の投資なのです。

社員は成長を実感することで前を向きます。離職率を防いだり、職場の活性化にもつながります。やらせるのではなく社員自身が積極的に参加してくれるような魅力ある研修を提供してあげることも重要なのです。

魅力ある人材育成の方法

色々な人材育成の研修スタイルがあります。まずは、問題解決能力向上です。基本的なプロセスを学ぶことはもちろん実戦形式で行います。職場の悩みや問題を持ち寄って解決策を検討していきます。参加者同士で共有したりアイデアを出すことで視野を広げることがあります。グループワークを通じてコミュニケーション能力やリーダーシップも養われます。いったん職場に持ち帰り、研修で学んだことを実践して、再度報告するというフォローする形式もありますよ。

つぎに、異業種交流会です。違う職種の人と触れ合うことで新しい考え方を学ぶことをします。オリエンテーリングやテーマ討議などを実施して交流を深めていきます。宿泊して行う研修もありますよ。人気の研修が各業者で行われているので比較検討することが重要です。

接客の研修と現場での接客は似ているようで違います。忙しさでミスが起こりがち。そんなときでもお出迎えとお見送りの挨拶をしっかり行えばお客様も気持ちよくお買い物をして頂けます。大事なのは笑顔と挨拶です。